1. トップ
  2.  シニアカレッジ講座報告

 

 公益財団法人岡山市ふれあい公社

 ふれあいシニアカレッジ

   令和元年度後期募集中です!!

 

目 的


 「ふれあいシニアカレッジ」は、シニア世代に必要な知識を身に
 つけるとともに、日常生活の中で行う簡単な体操を行い健康増進・
 介護予防を行います。同時に、仲間同士の交流を深め、楽しく、生
 きがいのある生活を送ることを目的としています

開催について

  

  


  新たな知識の習得、仲間づくり、介護予防への意欲関心がある人

(60歳以上の人優先)

  


   後期 10月〜月(隔週火曜日全10回)


  

 

  岡山ふれあいセンター

    ●令和元年度後期講座内容・申込書はこちら!!     

                        こちら
                   

カリキュラム

 教養講座

103012.00


 その道のプロ、大学教授等経験豊かな講師陣による楽しく学べる
 講義を行います。

 今知っておきたいこと、今後のために知っておきたいこと等、シ
 ニア世代にとって興味のある内容が盛り込まれています。

 仲間づくり(交流タイム)

13001345

 数人のグループに分かれて教養講座で学んだことについて意見交
 換、情報交換などを行います。新たな仲間との出会いが期待でき
 ます。

 健康増進・介護予防

(14:00〜15:00)

 いつまでも元気で充実した生活を送るためにも健康増進・介護予
 防は欠かせません。

 日々の生活の中で実践できる簡単な運動やストレッチ体操を行い
 ます

   
   

 ●●平成30年度後期シニアカレッジ 講座の様子●● 

   
10月9日 開講式
   岡山ふれあいセンターにて開講式を行いました。
   
男性  24名 女性 29名 計 53名 平均年齢74歳

  

            

 【教養講座】

  第1回 10月9日  
  講師 
和(やまと)鍼灸整骨院   院長   吉田 和彦 氏

  演題 自分でできるツボ押し健康法で元気になろう


  


   
健康づくりに観点を置いた楽しくわかりやすい講義でした。
   すぐに実践できるセルフケアについても教えていただきました。
   

 

  第2回 10月23日  
   講師 
かってぼっくす表町店 店長  岡本 秀昭 氏

   演題  いざという時に困らないための老い支度

  

    「老い支度」とはただの不用品の片づけではなく家族への
     思いやりの気持ちを伝える手段
    もったいないを活かす方法を教えていただきました。。

  
    

  第3回 11月6日  
   講師 
川崎医療福祉大学 医療福祉学部 教授  進藤 貴子 氏

    演題  高齢者の心理
      〜心身の加齢現象を受け止め、健康な高齢期を過ごすために〜

    


    心理学という少し垣根の高そうな分野について
    一つ一つ事例を挙げたわかりやすいお話しでした。


  第4回 11月20日  
   講師 
日本笑い学会 岡山支部会長
       医療法人緑風会 三宅ハロー歯科 院長 滝川 雅之 氏
    演題  笑いと健康 〜歯医者さんの楽しい健康講座〜
                    
          

                   

   お口の健康が体の健康に大きな影響を及ぼすことについて
   事例を挙げたわかりやすいお話しでした。
   健口を意識するよい時間となりました。
 
 
        

   第5回 12月4日
   講師  
NPO法人フードバンク岡山 理事長 糸山 智栄 氏
   演題  「もったいない」を次世代につなげよう。フードバンクの取組

 

   
   フードバンクの仕組みについて学びました。
   食品廃棄の現状から流通、小売りの仕組みを見直す必要性を
   知りました

   食品ロスについてできることからとり組みたいですね

   第6回 12月18日  
    講師  
ありがとうプラザ表町店 代表 高崎 誠 氏

     演題   いつまでも自分の足で歩くための足元のケア
          〜足の指や爪、靴や靴下のお話〜

         
   
  
 

   足元をしっかりケアすることの大切さを学びました。
   深爪・外反母趾・足に合わない靴は、かみ合わせや姿勢に影響
   し腰や足の痛みの原因になることも理解できました。


  第7回 1月8日  
  講師  
吉備国際大学 保健医療福祉学部  准教授 佐藤 三矢 氏

   演題   認知エアロビクスを活用した介護予防

               

  

     まず、運動の効果(脳への刺激)や気を付けつべき事項の
     講義を受けました。その後、
普段使いなれない筋肉や意識
     して使われない筋肉を強制的に使う運動(エアロビクス)
     を行いました。
  
            

  第8回  1月22日 
  講師  
くらしき作陽大学 食文化学部 教授 坂本 八千代 氏

  演題   栄養の源、食事をおいしく食べるためのこつ 
     
        
  

   毎日の食事で気になることや食べ物にまつわる情報について
   教えていただきました。
   おいしく塩分を減らすポイントはすぐに取り組める内容でした。
           

                      

  第9回 月12日
  講師 岡山市立市民病院緩和ケア認定看護師 統括副看護師長 大塚 美智子 氏
  
演題  2人に1人ががんを発症する時代に 〜もしものために一緒に考えよう〜

 

            
 
     2人に1人ががんを発症する時代
     がんと診断されたら・・・
     言われた時。。向き合うとき。。知るとき。。
     自分らしい過ごし方などを考えました。
     

  
  第10回 2月26日
  講師 
中国学園大学 こども学部  准教授 池田 満之 氏

  演題 地球温暖化が進む中、自然災害から身を守るために知っておきたいこと
          
            
               

   岡山県は降雨量が少ないだけで、災害に弱い地域。
   災害を受けると被害も大きい。
   「大丈夫」と思う気持ちが怖いこと。万が一に備えて行動すること。
   自分のまちを知ること。地域コミュニティを強化すること。
   地球温暖化防止も含め多くを学びました。

   【仲間づくり(交流タイム)の様子】

  5人程度のグループに分かれて、教養講座で学んだことについて意見交換・
情報交換などを行います。

       
           
             平成30年のニュース
     

    会話も弾み活発な意見も出ています。

  認知症予防に効果のある「頭と身体を同時に使うゲーム」や
  「ディスコン」等も楽しみながら行っています!

           

 【健康増進・介護予防の様子】
   いつまでも元気で充実した生活を送るためにも健康増進・介護予防は
   欠かせません。
お口の問題や栄養、体操や認知症に関する知識を習得する
    とともに毎日続けられる体操を行います。

      
     
    
理学療法士・管理栄養士・歯科衛生士らが日々の生活の中で
    実践できるワンポイントアドバイスや簡単な運動を行います。

     ウォーキングや体操を頑張った方 表彰の様子
      
          
     

     ほぼ毎日ウォーキング 体操を行っています。
     朝起きたら体操をするなどが習慣づくコツのようです。

   【修了式】

      2月26日 修了式の様子

            
            
          当財団理事長より修了証が渡されました。

    
            
          当参加者の皆さんで記念写真です。

    平成30年度後期シニアカレッジ終了いたしました。
    講師の方々、受講生の皆様ありがとうございました。
    
   後期内容・申込書